・紫外線を浴びた事による防衛反応

〜紫外線を浴びると表皮にあるメラノサイトに信号が送られ、そこでメラニンという色素を作ります。このメラニンが色素沈着をしてしまうとシミになってしまいます〜

・メラニン

〜皮膚の一番下の基底層にあるメラノサイトで作られる。ここでメラニンの量が増えすぎると一番上の表皮にまで色素沈着がおこってしまいシミとなって出てきてしまいます。本来であればお肌のターンオーバーの周期(28日)に合わせて排出されるのですかが、加齢等でターンオーバーが遅れてしまうとメラニンがお肌の中に残り続けてしまい、さらに再び紫外線を浴びる事によりどんどんメラニンが増えてしまいシミとなって表面に出てきてしまいます。

シミを改善する方法

・シミの改善方法
〜シミにも種類があり、まず識別することが大事になってきます。正しい識別をして正しい治療を施すことにより改善することが大切になります。

・シミ治療の種類
〜シミの治療には色々な方法があり内服薬、レーザー治療、ピーリングなど必要に応じての対処法があります。
内服薬の場合皮膚の一番深い所(メラニンを作り出すメラノサイト)に作用させる事ができ根本からの治療に効果があります。
レーザー治療の場合は相性のいいものと悪いものがあり紫外線が原因で出来るシミにはレーザー治療は有効なのですが、ニキビの跡などのシミには向いていません。
ピーリングはお肌の新陳代謝を高め古い角質を落とすことにより表面のシミを排出させる働きがあります。